無痛分娩を選びたい
「生みの苦しみ」なんていらないでしょ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

父親の育児参加率

少子化社会白書、父親の育児参加の必要性強調

上記ニュースより


・「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」という考え方に賛成の人
  日本:57.1%
  米国:約43%
  スウェーデン: 約9%
    スウェーデン人と結婚したくなった…

・6歳未満の子どもがいる親が1日に育児・家事にかける時間は、
 妻:7時間41分
 夫:48分

・女性の7割が出産を機に退職。

・育児休業の取得
 女性:72%
 男性:0.5%

・育児の負担が女性に集中している。


もし、出産後2年休業して元のポジションに、あるいは別のポジションだとしても同じ会社に復帰できるなら何割の女性が“退職”するでしょうか。

もし、女性と男性の平均賃金が同じだったら、女性と男性の昇進見込みが同じだったら、女性が仕事を止めて育児に専念する選択をするカップルは何割になるでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/12/02 11:16】 | 関連ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)
<<出生率1.26 | ホーム | 出産できる場所の減少・・・>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ナル

Author:ナル
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。