無痛分娩を選びたい
「生みの苦しみ」なんていらないでしょ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

選べる分娩方法

こちらのサイトさんの「【先輩ママへの質問】 分娩に関して。どのような分娩方法を選択しましたか?」のページです。
しあわせ妊婦生活 


無痛分娩を選んだ人、普通分娩を選んだ人、帝王切開をして傷が残ってしまった人など、いろいろなコメントがのってます。
スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/12/14 23:57】 | 無痛分娩 | トラックバック(0) | コメント(0)

産婦人科ナビ

無痛分娩>産婦人科ナビ  

↑ こちらのサイトに紹介されている無痛分娩を選べる施設の数。


青森県 1件
神奈川県 6件
静岡県 2件
愛知県 4件
岐阜県 1件
滋賀県 1件
奈良県 1件
兵庫県 2件
愛媛県 1件
高知県 1件
福岡県 2件
大分県 1件
長崎県 1件
熊本県 1件
鹿児島県 1件


テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/12/11 21:03】 | 無痛分娩 | トラックバック(0) | コメント(0)

無痛分娩が選べる病院等

医療法人村井産婦人科 長野市大豆島

松岡産婦人科クリニック 兵庫県神戸市

国立成育医療センター 産科 東京都世田谷区

埼玉医科大学総合医療センター 麻酔科  埼玉県川越市

北里大学病院 産科  神奈川県相模原市

医療法人  久保田産婦人科麻酔科医院   福岡県福岡市

けい産婦人科クリニック  神奈川県相模原市



*注
これらの無痛分娩実施施設はネットから拾ったものです。
実際に無痛分娩を望まれる方はご自身で確認した情報を優先してくださいね。


まだまだあります。順次アップしたいと思います

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/12/08 01:01】 | 無痛分娩 | トラックバック(0) | コメント(0)

無痛分娩の危険性も

どうして日本では出産の苦しみをオーバーに子供たちに話すのでしょうか。幼少のとき「出産の痛みは口からスイカをだすような痛み」と聞かされてものすごく怖かったのを覚えています。

もしかしたらオーバーじゃないのかもしれないですし、人によっては「犬の出産のようにコロコロ産んだ」と言うので千差万別なんでしょうけど。

でも、出産=死ぬほど痛い苦しいという構図は私の中に深く根付いてしまいました。

だからかどうか知らないけど、私はあまり出産をしたいと思わずに成長しました。

そして大人になったある日、「無痛分娩」という言葉を聞きとても興味を惹かれました。欧米ではとても普及しているそうですが、日本ではまだまだ。

こちら、無痛分娩の危険性をしてきたコメントです。
普通分娩と無痛分娩 http://www.shussan-ikuji.com/mame-chishiki/bunbenhou.html

無痛分娩を奨励する声、危険性を訴える声。
両方取り上げて将来無痛分娩を選ぶかどうかの基準にしたいと思います。

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/12/06 21:14】 | 無痛分娩 | トラックバック(0) | コメント(0)

無痛分娩 : アメリカ

ネットから拾ったアメリカの無痛分娩の話です。


・アメリカでは、産後とくに問題がなければ48時間後には退院します。出産する人の98%が無痛分娩にする
7miles' Diary ブログ様より

・アメリカやヨーロッパでは、殆どの病院でこの硬膜外麻酔分娩を受けることが出来ます
h松岡産婦人科クリニック 兵庫県神戸市 ttp://www.ms-cl.com/info/mutsu.html より


・無痛分娩がアメリカで最もスタンダードな生み方です。
ワールドにんぷのコーナー http://anzan.urumadelvi.jp/world/world002.html より

テーマ:赤ちゃんに会えるまで・・・ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/12/05 17:12】 | 無痛分娩 | トラックバック(0) | コメント(0)

無痛分娩、どこでする? 注意したいポイント

無痛分娩 YOMIURUONLINE より


・国立成育医療センター(東京都世田谷区)。当日の朝、背中に細くて軟らかい管を入れておき、陣痛がやってきたところでその管から麻酔薬を入れる。手元のスイッチで麻酔の量を調節できるので、自分で痛みの加減ができる。

・かつて無痛分娩は、全身麻酔下で行われることが多かったが、脊髄(せきずい)のそばの空洞(硬膜外(がい)腔(くう))に麻酔薬を流し込む、「硬膜外無痛分娩」がとって代わるようになった。この方法では、意識を正常に保つことができる。

・米国では、帝王切開を除く出産の8割近くがこの「硬膜外無痛分娩」で、日常医療として定着している。

・国立成育医療センターでは、2002年3月の開院当初から無痛分娩を開始。その数は02年81件、03年222件、04年261件と年々増加。

・無痛分娩を早くから手がけている北里大麻酔科助教授の奥富俊之さんによると、同センターのほか、北里大(神奈川県相模原市)、埼玉医大総合医療センター(埼玉県川越市)など約50施設で無痛分娩を実施。各施設ともその数は増える傾向にあるという。

・ただ、産科医だけで実施している施設もあり、ひと口に無痛分娩といっても実際の医療内容にはばらつきがある。無痛分娩を受けたいと思った時は、
〈1〉麻酔科医の参加の有無
〈2〉過去の無痛分娩による出産数と、後遺症の発生率
〈3〉麻酔の方法(硬膜外麻酔か? 医療用麻薬を使うかどうか?)
――などについて詳しく聞き、納得した上で選択したい。



全国で50施設しか無痛分娩を行っているところがないということでしょうか。それとも関東で? もっと無痛分娩に着いての情報集めます!

テーマ:妊娠4ヶ月~7ヶ月 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/12/05 17:01】 | 無痛分娩 | トラックバック(0) | コメント(0)

無痛分娩の実施率

【2006/12/04 12:05】 | 無痛分娩 | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ナル

Author:ナル
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。